アメリカのお菓子の特徴とは

アメリカのお菓子の特徴とは

アメリカは、国に歴史がそれほど長くもないので、他の国のように伝統的なお菓子があまり存在していません。

 

なので、アメリカのお菓子と言われても、その代表的なものは何かと言うと、すぐには思いつくものがないのですが、しかし、ドーナツとカップケーキは、アメリカ国内では、よく食べられていて、アメリカで人気のお菓子というと、この2つがあげられます。

 

そして、何よりもアメリカ人の好むものというと、甘い物ということで、他の国の人が食べると甘過ぎるというくらいに甘いものが多くなっています。そして、同時に大きくて、色が派手であるということがあります。

 

これらがアメリカのお菓子の大きな特徴なのですが、アメリカに行ったことがある人に言わせると、まずは、お菓子でもサイズが大きすぎる上に、甘すぎるということを感じるそうです。

 

向こうの人は体も大きいので、サイズが2倍というのもよくわかりますが、しかし、色については到底、日本では見られないような青、黄色、赤が使われていて、本当にカラフルなものが多くあります。アメリカのお菓子と言うと、こうした特徴が目立ちますね。