イギリスで食べられるお菓子

イギリスで食べられるお菓子

日本人の好みとは少し異なるのがイギリスの料理で、あまりイギリスの料理は美味しくないと日本では思われていますね。よくそう言う事を耳にしますし、実際に、イギリスに行った人がそう言っていることもあるかもしれません。

 

あまり食は発達せずに美味しい料理やお菓子はないというのが、イギリスのイメージですが、しかし、実際にはそういうこともないようで、美味しい料理やお菓子もあります。その中の代表が、日本でもよく食べられるデザートがスコーンです。

 

スコーンは食べたことがあると言う人もいるかと思いますが、大きめのクッキーといった感じで、甘さ控えめで、サクサクとした食感のものです。イギリスのアフタヌーンティーでは、紅茶を飲みながらこのスコーンを食べたりします。

 

スコーンはそのままで食べられるということはなくて、必ず濃厚なクリームやジャムをつけて食べるようになっています。そして、ミンスパイやパウンドケーキもあり、こうしたものは、ドライフルーツがふんだんに使われていて、ブランデーなどの洋酒につけたものが中に入っています。