世界のクリスマスケーキ

世界のクリスマスケーキ

 

日本のクリスマスケーキといえば、白いクリームとイチゴでデコレーションされたショートケーキが一般的ですね。しかし、そうした生クリームのデコレーションケーキを食べるのは日本だけの文化ということを知っていましたか?

 

日本にクリスマスというお祝いがやってきたのは1900年代に入ってから。そして生デコケーキが食べられるようになったのは1970年代に入ってからだとされています。

 

しかし、ヨーロッパを中心とするキリスト教を信仰とする国では、ずっと昔からクリスマスを一年の最大のお祝いとして迎えてきました。ですからクリスマスに食べられるケーキもとても伝統のあるものたちばかりです。

 

日本のケーキとは違い、日持ちのするケーキが多いのが特徴です。一ヶ月ぐらい前にケーキを作り、長い時間をかけて少しずつそれをいただきながら、クリスマスが来る日を心待ちにするのでした。

 

最近では日本でも生クリームケーキ以外のトラディショナルなクリスマスケーキを販売するお店も出てきました。

 

クリスマスケーキ

 

銀座のイタリアン【SOYA】オーガニック野菜・ワイン
iphone5ケースの販売はここ