イギリスのクリスマスケーキ・クリスマス・プディング

イギリスのクリスマスケーキ・クリスマス・プディング

キリスト教を信仰する国として忘れてはならないのがイギリス。イギリスにも伝統的なクリスマスケーキがあります。それはクリスマス・プディング。

 

プディングというと「プリンのこと?」と連想しがちですが、日本で食べるプディングとは全く違うものです。「プディング」ということばは本来「蒸し物」という意味で使われており、お菓子だけではなく料理としてもプディングと名づけられたものが存在します。イギリスではプディングを「デザート」と同義語で使われることもあります。

 

クリスマス・プディングは簡単にいうと蒸しパンのようなものとイメージしてください。材料には生パン粉と小麦粉、牛乳、牛脂(ケンネ脂)、卵、砂糖、ブランデー漬けしたドライフルーツ、ナッツ類、ナツメグやシナモンなどの香辛料などが含まれます。それらの材料を混ぜ合わせ、一晩寝かせた後、型に流し込んで蒸します。

 

こちらも蒸しあがった後すぐには食べず、数日から長くて数ヶ月熟成させ食べるそうです。長く熟成させたほうが、ドライフルーツや洋酒の味が全体に染み渡って美味しくなるのだそうです。