ドイツのお菓子の特徴とは

ドイツのお菓子の特徴とは

ドイツのお菓子が好きで、ドイツの菓子ファンであるという人も、多くいます。それだけドイツのお菓子も、独特のものがあり、お菓子の本場、フランスに負けないものがあります。

 

まず、ドイツのケーキはトルテとクーヘンとがあって、トルテはクリームやフルーツがスポンジケーキに挟んであり、クーヘンはシンプルな焼き菓子です。

 

ドイツにいってケーキを注文すると、その大きさに驚くと言う人がいるのですが、それもそのはずで、日本のホールケーキと比べると、倍の大きさがあるものが、普通に売られています。

 

大きいにもかかわらず、甘さは控えめであると言うのが、ドイツのケーキの特徴ですが、その為に、すぐに食べてしまうという人が多くます。どこか素朴で親しみやすいというのも、
ドイツのお菓子なのですが、ドイツのお菓子というと、バウムクーヘンを忘れてはいけないですね。

 

日本でもよく食べられていて、人気のものですが、丸い形をしていて、何層にもなっています。これも甘さが控えめになっていて、他のお菓子と同じように食べやすいものであるのですが、日本人にもなじみ深くて、よく食べられているのも、そういう所に秘訣があるのかもしれません。