ドイツのクリスマスケーキ、シュトーレン

ドイツのクリスマスケーキ、シュトーレン

ドイツのクリスマスケーキといえばシュトーレンです。最近では生デコレーションケーキと一緒にシュトーレンを販売しているケーキ屋さんも増えてきました。シュトーレンはとても歴史のあるケーキなんです。

 

シュトーレンはイーストや酵母を使って発酵させるパンと同じ行程で作られながらも、ドライフルーツがたくさん使われており、上からは粉砂糖が振り掛けられているため、とても甘いお菓子のような、パウンドケーキのような感じになっています。中にはマジパンが包まれています。

 

シュトーレンはドイツ語の「柱」や「坑道」という意味があります。カットした断面を見れば山形になっており、中に包まれたマジパンがまるでトンネルのようにも見えます。

 

シュトーレンの形は、中に包まれたマジパンを赤子のキリストとみたて、それをパン生地というおくるみで包み込んでいるということから、こうした形に作られたという話もあります。

 

シュトーレンはクリスマスの1ヶ月前に作られ、そのご熟成させながら、毎日少しずつ薄くスライスして食べるのが常識です。

 

 

銀座 ワイン
荻窪の美容室