世界のデザート事情

世界のデザート事情

皆さんが「デザート」、「スイーツ」と言って思い出すものはどういうものですか?やはりヨーロッパなどが本場となっている、いわゆる洋菓子ではないでしょうか。

 

洋菓子というのは日本や中国などのアジアで食べられるデザートとは違い、とても甘くそしてさまざまな技術が込められています。その点アジアのデザートというと、比較的シンプルで甘さが控えめのものが多いですよね。

 

なぜヨーロッパでデザート文化が発展してきたのかというと、ヨーロッパでは食事に砂糖が使われることはめったに無いそうです。日本でいう照り焼き味のような「甘辛い」という、甘みのある料理がないんだそう。そのため、食事の後に糖分を補給するために、とても甘いお菓子が食べられるようになった、それがデザートの起源だと言われています。

 

その点日本や中国、朝鮮半島などでは、料理に砂糖などの甘味料が比較的たくさん使われます。そのため食事以外に糖分を補給する必要がなかったのですね。

 

朝鮮半島で甘いお菓子が食べられるときというのは基本的に間食の時です。

 

東京 ライブハウス
銀座 スペインバル